メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

ネットに潜む危険 「子どもが気付く」大切さ 県立大生・松村さん、啓発活動をスイスで発表 /兵庫

インターネットに絡んだ犯罪から子どもたちを守る取り組みを発表する松村友慎さん(中央)=スイス・ジュネーブの国連欧州本部で2、大谷弁護士提供

 インターネットを通じた犯罪に子どもが巻き込まれないよう啓発活動を続ける県立大の学生グループ「ソーシャルメディア研究会」の松村友慎(ともまさ)さん(23)=環境人間学部4年=が9月、国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)で開催された会議で発表した。「子どもとネット問題」がテーマ。松村さんは、大人が有害サイトへのアクセスを制限するだけでなく、子どもたちが自ら議論して危険性に気付くことの大切さを訴えた。【黒詰拓也】

 松村さんが参加したのは、国連子どもの権利委員会が主催した会議。委員会は「子どもの権利条約」の締結国…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです