メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
出雲市

外国人5年定住率30%超、昨年度実績 長期定着へ語学教室など支援 /島根

ボランティアによる日本語教室。ポルトガル語を交えて学んでいる=島根県出雲市の社会福祉センターで、山田英之撮影

 4000人を超える外国人が暮らす出雲市で、市内に5年以上滞在する外国人の割合を示す5年定住率が目標の30%を突破したことが12日までに明らかになった。市が策定した多文化共生推進プランで2021年3月末に30%台を目指していた。市政策企画課は「雇用の場があり、安心して住みやすいまちと受け止められている」とみている。【山田英之】

 5年定住率は15年3月末の時点で、24・6%にとどまっていた。出雲市は外国人住民の長期定着による地…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文807文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです