メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みはらし温泉

閉鎖、客足激減で継続困難 森川観光 /広島

 みはらし温泉(三原市須波ハイツ1)を運営する森川観光グループは12日、日帰り入浴施設と施設内の飲食店「魚三昧」、併設する温泉療養ホテル「夢の宿」を閉鎖し、グループとして温泉事業から撤退すると発表した。従業員94人は全員解雇する。2017年3月に死者1人を含む集団レジオネラ感染を起こし、営業再開後も再び菌を検出して客足が激減。営業継続は困難と判断した。

 日帰り入浴施設が今月1日に既に閉鎖、魚三昧は来年1月4日、夢の宿は同31日に営業を終える。閉鎖後、併設の立体駐車場、貸し別荘を合わせて一括売却する方針。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 伊吹元衆院議長「小室圭さんは国民に説明を」 眞子さまとの結婚巡り

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 看護師80人足りない「多難の船出」 吉村知事肝煎り、大阪コロナ重症センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです