メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モデル横断歩道

県警、63カ所指定 「歩行者優先」徹底呼びかけ 一時停止、ワースト2位 /広島

広島県警が指定したモデル横断歩道で、佐伯署員らが歩行者妨害をした場合の反則金などが書かれたチラシを運転手に手渡し、注意を呼びかけた=広島市佐伯区坪井2の市道で、小山美砂撮影

 信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとする際、一時停止する車の割合は広島県はわずか1%で全国ワースト2位--。日本自動車連盟(JAF)の調査でこんな結果が明らかになり、危機感を持った県警が取り締まり強化に乗り出した。過去に事故が起きるなどした63カ所を11月に「モデル横断歩道」に指定し、警察官らを配置して運転手に「歩行者優先」を徹底するよう呼びかけている。【小山美砂】

 「横断歩道の前ではスピードを落としてくださいね」。11月27日、佐伯区坪井2の信号機のない市道横断…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです