メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活動講演会

幻の「大野豆」、復活かけた思い熱く 高松 /香川

大野豆を見せながら話す生嶋さん(左)=高松市片原町の市生涯学習センターで、山口桂子撮影

 高松市香川町大野地区で栽培され、生産が途絶えかけた「大野豆」についての講演会が12日、同片原町の市生涯学習センターであった。地元住民らでつくる「大野豆プロジェクト」の事務局長、生嶋暹(すすみ)さん(71)が特産品の復活にかけた思いを語った。

 大野豆は讃岐長さやそら豆の通称。ミネラルや食物繊維が豊富で栄養価が高く、県内各地で栽培された。とりわけ、香東川沿いで水はけが良い大野地区は豆栽培に適し…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです