メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカスながさき

民泊新法から半年 長崎市の斜面地で空き家リノベーション 県内10市町29件届け出 /長崎

景色よく、漂う旅情

 住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から15日で半年を迎える。長崎市の斜面地では、築60年の空き家をリノベーションした施設も誕生。仕掛け人で1級建築士の小笠原太一さん(39)=福岡市早良区=は「景色はいいし、細い道を上がっていくのも旅情。旅行者に面白がってもらえるのでは」と話す。【加藤小夜】

 「ここからは稲佐山も望める。景色は好評です」。11月末、長崎市高平町の高台にある施設の一室で、小笠…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです