メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央防災会議

災害警戒、5段階に 大筋了承 危険度判断しやすく

 政府の中央防災会議の作業部会は12日、洪水や土砂災害時に国や自治体が出す防災気象情報を5段階の警戒レベルで区分し、レベルごとに住民が取るべき行動を示した報告書案を大筋で了承した。災害時に提供されるさまざまな情報の切迫感を分かりやすく伝えることで速やかな避難を促す狙いがある。報告書を受け、政府は来年以降、運用方法などの検討を始める。

 今年7月の西日本豪雨では、気象庁が事前に特別警報を発表する可能性に触れたり、自治体が避難勧告や避難…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです