メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

保守党、メイ氏不信任投票へ EU離脱の行方混迷

欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長(右)との会談に臨むメイ英首相=ブリュッセルで11日、ロイター

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は12日、与党・保守党党首としての自身に対する党所属議員による不信任投票を同日夜(日本時間13日早朝)実施すると発表した。英メディアは不信任に必要な過半数には達しない可能性が高いと報じているが、仮に不信任となれば党首だけでなく首相の座も追われることになり、欧州連合(EU)離脱の先行きは混迷を深めることになる。

 メイ氏は首相官邸前で記者団に「(不信任が決まって)党首選となれば英国の将来にリスクと不安定を招く」と述べ、不信任を求める議員を非難。「国益のため、離脱に向け仕事をやり遂げる」として不信任投票に立ち向かう姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです