英国

保守党、メイ氏不信任投票へ EU離脱の行方混迷

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長(右)との会談に臨むメイ英首相=ブリュッセルで11日、ロイター
欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長(右)との会談に臨むメイ英首相=ブリュッセルで11日、ロイター

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は12日、与党・保守党党首としての自身に対する党所属議員による不信任投票を同日夜(日本時間13日早朝)実施すると発表した。英メディアは不信任に必要な過半数には達しない可能性が高いと報じているが、仮に不信任となれば党首だけでなく首相の座も追われることになり、欧州連合(EU)離脱の先行きは混迷を深めることになる。

 メイ氏は首相官邸前で記者団に「(不信任が決まって)党首選となれば英国の将来にリスクと不安定を招く」と述べ、不信任を求める議員を非難。「国益のため、離脱に向け仕事をやり遂げる」として不信任投票に立ち向かう姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文727文字)

あわせて読みたい

注目の特集