メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「元外交官、違法な活動」 報復拘束、過去にも 北京地元紙報道

 【北京・河津啓介】北京の地元紙「新京報」は12日、国際シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」(本部・ブリュッセル)に所属するカナダの元外交官、マイケル・コブリグ氏が国家の安全に危害を与える活動に従事した疑いで北京市国家安全局の調査を受けていると伝えた。カナダは米国の要請を受けて中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を拘束した後に保釈したことから、コブリグ氏拘束は中国側の報復との見方が国内外で出ている。

 ICGはコブリグ氏の身柄を解放するよう求める声明を発表。中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は12…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです