メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベトナム「絆」駅伝2018inハノイ

友情の風、街に吹き

一斉にスタートを切る参加者たち

 ベトナムと日本のランナーが友好のたすきをつなぐ「交通安全・ベトナム『絆』駅伝2018inハノイ」が11月18日、ハノイ中心部のホアンキエム湖を周回するコースで開かれた。地元の日系企業・団体などで働く日本人とベトナム人が4人1組の混成チームを作り、約200チーム800人が、言葉や文化の壁を越え共に汗を流した。16年からベトナム公安省と毎日新聞社が行う「交通安全キャンペーン」にちなみ、ランナーは交通安全スローガンをプリントしたTシャツを着用し、市街地を駆け抜けた。【文・国本愛、写真・宮武祐希】

 大会は日本・ベトナム外交関係樹立45周年を記念して、初めて開催された。

この記事は有料記事です。

残り3626文字(全文3910文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです