メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベトナム「絆」駅伝2018inハノイ

友情の風、街に吹き

一斉にスタートを切る参加者たち

 ベトナムと日本のランナーが友好のたすきをつなぐ「交通安全・ベトナム『絆』駅伝2018inハノイ」が11月18日、ハノイ中心部のホアンキエム湖を周回するコースで開かれた。地元の日系企業・団体などで働く日本人とベトナム人が4人1組の混成チームを作り、約200チーム800人が、言葉や文化の壁を越え共に汗を流した。16年からベトナム公安省と毎日新聞社が行う「交通安全キャンペーン」にちなみ、ランナーは交通安全スローガンをプリントしたTシャツを着用し、市街地を駆け抜けた。【文・国本愛、写真・宮武祐希】

 大会は日本・ベトナム外交関係樹立45周年を記念して、初めて開催された。

この記事は有料記事です。

残り3626文字(全文3910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです