メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第5部 未来へ/1 マイク片手に「介護食」

デイサービス仲間の高齢者たちが集まった「介護スナック 竜宮城」。2時間あまり、お酒とおつまみとカラオケを楽しんだ=神奈川県横須賀市で

 ●安心なスナック

 天井からつるされたミラーボールが、光を反射しながらくるくると回る。マイクを手にした男性がカラオケで熱唱するのは、三橋美智也の「古城」。テーブルを囲む仲間たちは、「上手だねえ」「懐かしい歌だ」と談笑しながら、お湯割り焼酎やビールに舌鼓を打っていた。

 神奈川県横須賀市の京急追浜(おっぱま)駅ほど近くにある「介護スナック 竜宮城」。師走を目前に控えた日、一足早い忘年会のために店に集まった男女11人は、全員が県内の通所介護施設(デイサービス)利用者たち。一見ごく普通のスナックの店内は、トイレも含めてすべてバリアフリー設計。病気や加齢で嚥下(えんげ)機能が低下した客には、誤嚥や窒息を防ぐため、とろみを付けたカクテルや料理を出す。いわゆる「介護食」だ。

 「この年になるとね、こういう所は来たくてもなかなか来られないんだよ」。昔は東京・築地の競り人だった…

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2311文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです