メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/3 新薬製品化、国内は二の足 脳梗塞薬、開発の現場から 確実性求め遅い意思決定

蓮見恵司東京農工大教授

 <科学の森>

背水の陣米企業へ

 「これが最後のチャンスだ」。2016年8月、蓮見恵司・東京農工大教授(61)は背水の陣の心境で米製薬企業バイオジェンの日本法人に向かった。来日した同社の研究開発責任者らに、開発中の急性脳梗塞(こうそく)の新薬「TMS-007」を売り込むためだ。この日のために、データを詰め込んだ70ページ超の資料を準備した。

 新薬の主成分は、沖縄・西表島の落葉から見つかった黒カビが生み出す物質で、蓮見さんらが血の塊を溶かす作用があることを発見した。従来の治療薬は脳出血を引き起こす副作用があり、徐々に血管がもろくなる脳梗塞では発症から4時間半までしか使えない。しかし、この新薬には血管を守る働きもあるため、より長く使える可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り2453文字(全文2779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 伊吹元衆院議長「小室圭さんは国民に説明を」 眞子さまとの結婚巡り

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 看護師80人足りない「多難の船出」 吉村知事肝煎り、大阪コロナ重症センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです