メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

選手発表 トヨタ服部も登録

ニューイヤー駅伝の公式ガイドブック

 来年元日に群馬県で行われる「ニューイヤー駅伝 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する全37チームのエントリー選手が12日、発表された。エントリーは各チーム12人以内で、有力選手が順当に名を連ねた。

 2001~03年のコニカ(現コニカミノルタ)以来となる3連覇が懸かる旭化成は、大六野秀畝(だいろくの・しゅうほ)や双子の市田孝、宏らがメンバー入りした。3年ぶりの王座奪還を狙うトヨタ自動車は、2日の福岡国際マラソンで日本勢14年ぶりの優勝を果たした服部勇馬らをエントリー。男子マラソンで日本歴代2位の設楽悠太(Honda)やジャカルタ・アジア大会金メダリストの井上大仁(ひろと)=MHPS=も登録された。

 各チームの区間オーダーは、今月30日に発表される。【小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです