メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

選手発表 トヨタ服部も登録

ニューイヤー駅伝の公式ガイドブック

 来年元日に群馬県で行われる「ニューイヤー駅伝 第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する全37チームのエントリー選手が12日、発表された。エントリーは各チーム12人以内で、有力選手が順当に名を連ねた。

 2001~03年のコニカ(現コニカミノルタ)以来となる3連覇が懸かる旭化成は、大六野秀畝(だいろくの・しゅうほ)や双子の市田孝、宏らがメンバー入りした。3年ぶりの王座奪還を狙うトヨタ自動車は、2日の福岡国際マラソンで日本勢14年ぶりの優勝を果たした服部勇馬らをエントリー。男子マラソンで日本歴代2位の設楽悠太(Honda)やジャカルタ・アジア大会金メダリストの井上大仁(ひろと)=MHPS=も登録された。

 各チームの区間オーダーは、今月30日に発表される。【小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです