将棋

藤井、100勝 最年少16歳、最速2年2カ月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する将棋の藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で12日、長谷川直亮撮影
記者会見する将棋の藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で12日、長谷川直亮撮影

 将棋界の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の本戦トーナメントで阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝(18敗)を達成した。

 藤井七段は16歳4カ月、棋士になってから2年2カ月、勝率8割4分7厘での到達。永世称号獲得者と中学生で棋士になった者の中では、羽生善治竜王(48)の17歳6カ月、2年3カ月を抜いて最年少・最速記録となり、勝率も中原誠十六世名人(71)の8割2分6厘(100勝21敗)を抜いて最高勝率となった。

 藤井七段は2016年10月1日に棋士・四段となり、デビューから公式戦29連勝、棋戦優勝最年少記録など数々の記録を塗り替えてきたが、100勝達成も記録を更新した。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文753文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集