メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「出産できる体に戻して」知的障害女性訴え 弁論で陳述 大阪地裁

裁判後の報告集会で、弁護団の話を手話で説明される男性(手前左)=大阪市北区で12日午後4時9分、久保玲撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、知的障害のある近畿地方の女性(75)が国に3300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、大阪地裁(大須賀寛之裁判長)であった。国側は争う姿勢を示したが、旧法の違憲性については見解を示さなかった。女性は法廷で意見陳述し、「子どもを産める体に戻してほしい」と訴えた。【戸上文恵】

 旧優生保護法を巡る訴訟は全国6地裁で起こされている。東京や仙台など4地裁で弁論が始まっており、関西…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです