メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・榊差遺跡

仏像「光背」最古の鋳型 8世紀前半制作

発掘された鋳型から推定される仏像の光背「蓮弁型」のイメージ図。周囲の写真は破片18点のうちの主な5点=滋賀県草津市教委提供

 滋賀県草津市教委は12日、同市野路町の「榊差(さかきざし)遺跡」で、仏像の背後に取り付けられる「光背(こうはい)」の鋳型(土製)が見つかったと発表した。奈良時代前半に当たる8世紀前半のものとみられ、光背の鋳型としては国内最古。同遺跡では今年5月、鍋や釜の脚「獣脚(じゅうきゃく)」の国内最古の鋳型も見つかり、鋳造技術や仏教文化の広まりを示している。

 光背は仏の光を象徴的に表した装飾。時代がたつにつれて削り加工が主流となり、平安時代以前の鋳型は見つ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです