メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

これは仕事が捗る!「集中力」を高めてくれるデバイスが誕生(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

生産性向上を阻む一番の敵は自分自身です。企画書を仕上げないといけなかったり、返信しないといけないメールが溜まっていたり。仕事は山積みなのですが、そんな状況になると私たちの手と目はまるで現実から逃げるかのようにインスタやゲームアプリへと移ってしまいます。「集中したら仕事はすぐに終わるのに、それができない自分が情けない!」なんて嘆いたことは誰にでもあるのではないでしょうか?

 

そんな悩みを解決してくれるかもしれないデバイスを、ケンブリッジ大学の卒業生が集まったスタートアップが開発しました。それが、集中する習慣を身につけるための「FOCI」です。

本製品は、腰に付けた小さなクリップ状のデバイス(10g)がユーザーの呼吸のパターンをモニタリングするという仕組みです。マシーンラーニングによってユーザーの神経と呼吸を分析。そこからパターンを抽出することで、ユーザーが集中しているかどうかを区別できるようになるそうです。集中度合いをビジュアル化してくれたり、腰に身に着けたデバイスが振動で「ほら集中しろ!」と小突いてくれたりする機能が特徴。

呼吸と集中力の関係を調査すること自体は新しくありません。紹介ビデオによると、この分野の研究は20年ほど積み重ねてきており、本製品のソフトウェアにもその研究結果が反映されているとのこと。人間は高い集中をキープしている状態のとき、通常よりも少し早いペースで、均質な呼吸を続けているようです。

 

アプリでは、円形のアイコンが色を変えることによってユーザーが集中しているか、気が散っているか、ストレスを感じているか、もしくは生産性の高いピーク状態に達しているかを伝えてくれます。気が散り始めたら物理的に注意を促してくれるので、心理学でいう「フロー」に達することもできるかもしれません。

 

FAST COMPANYの取材に対して、開発者のミック・アダムズさんは「(仕事中にすべきでない)インターネットサーフィンを始めたり、別のことを考え始めて気が散ったりする前に、Fociは3回振動します。これによってユーザーは気が散っていることが分かるんですね」と述べています。とすると、YouTubeやInstagramで時間を無駄にすることも防ぐことができそうですね。

1日の集中力におけるパターンを観察することで、自分のスケジュールを改善することもできるでしょう。ランチをした後に集中力が切れる傾向があれば、ランチの後はそれほど集中力を必要としない作業や肉体を使う仕事を行うなど、いろいろ応用ができますね。

当初Kickstarterで資金を調達したFociは、もともと今年7月に製品を完成させて発送する予定でした。しかし発送は遅れ、まだ予約購入者の手元には届いていないようです。それでも購入者には定期的にきちんと説明している様子。そのため、コメント欄にも「壊れてしまう失敗作よりも、ちゃんと使える完成品を受け取りたい」という応援の声が書かれています。

 

現在はIndiegogoで予約購入を受付中(発送は2019年1月~3月の予定)。1つ約8300円という価格も手が届く範囲でありがたいですね(発送料別)。多くの海外メディアも「ほとんどの人がスマートフォン中毒になっている」「テクノロジー中毒は深刻な懸念」と現代人がスマートフォンの画面をついつい見てしまう状況を危惧しており、Fociがその解決になるではないかと期待を寄せています。

 

Fociは集中するためのテクニックも通知しくれるとのこと。オーディオガイドが用意されているので、それを使って集中力を高めるためのロードマップを作るのもいいでしょう。

いくつかの海外メディアは本製品のモニタリングがきちんと機能していると述べていますが、Fociを使って本当に集中力を維持したり高めたりできるかどうかは、やはりユーザー自身にかかっています。開発者は、ユーザーがFociを使って自分の集中度合いや気が散っている状態に気付くことで、集中力を維持する習慣を身につける助けとなるとコメント。

つまり、気が散ってインターネットの誘惑に負けそうになったとき、Fociは「集中力が落ちてますよ」と教えてはくれますが、そこで誘惑に打ち勝てるかどうかはユーザーの意志によるわけですね。試されているのは、やはり自分自身です。

【関連記事】
旅行に役立つ機能まとめ! 何気なくiPhone XRを海外に持っていったらなかなか旅が快適になった
「ドラえもん」の名シーン・名言が満載! グラフィックが変化するエプソン製ドラえもん腕時計発売
iPad ProとApple Booksで極める電子書籍体験! アプリ活用法からiPad Pro最適本の紹介まで総まとめ
【インスタ新機能】ストーリーで複数投稿ができるようになった!
「あけおめLINE」にも「年賀状作成」にもピッタリなスマホアプリ【つむぐ年賀2019】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです