メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車、住宅減税が柱 税制改正大綱14日発表

 自民、公明両党は13日、2019年度税制改正で、未婚のひとり親に対し住民税の軽減措置を導入することで合意した。また、児童扶養手当を年1万7500円上乗せする。両党の調整が難航していたが、合意に至ったことで両党は14日、19年度与党税制改正大綱を発表する。19年10月の消費税増税後の消費下支えを目的とした自動車や住宅の減税策が柱となる。

 難航したのは、結婚後に配偶者と死別・離婚したひとり親への税優遇措置が、未婚のひとり親は対象外である…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです