メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州中央銀行が量的緩和策終了へ

 【ロンドン三沢耕平】欧州中央銀行(ECB)は13日、ドイツ・フランクフルトで定例理事会を開き、国債を大量に購入する量的緩和策を12月末で終了することを決めた。ユーロ圏の景気が回復を続け、物価上昇も進んでいるためで、既に利上げ局面に入っている米国に続き金融政策の正常化へかじを切った。

 ECBの量的緩和策はデフレ解消を目的に2015年3月に始まった。ユーロ圏19カ国の国債や社債などを購入して大量のお金を供給し、物価を上向かせることが狙い。当初は月額600億ユーロ(約7兆7000億…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです