メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

著名人権運動家の死、後退が止まらないロシアの民主化

80代後半になってもアレクセーエワさんはさまざまな集会に参加し訴え続けた=モスクワで2013年8月、大前仁撮影

 ロシアの著名人権活動家、リュドミラ・アレクセーエワさん(享年91)の葬儀が12月11日、モスクワ市内で執り行われた。数百人以上の関係者にとどまらず、生前のアレクセーエワさんがしばしば批判してきたプーチン露大統領も参列し、ロシアの人権活動分野での「巨人」の死を悼んだ。アレクセーエワさんの足跡をたどると共に、民主化が後退しているロシアの現状に触れてみる。

 もともとはソ連共産党員だったアレクセーエワさんだが、1960年代半ばに知人の作家が「不当に」逮捕さ…

この記事は有料記事です。

残り1986文字(全文2213文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです