メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の休園中の動物園ってどうなっているの?秋田市・大森山動物園を歩いた

柴田さんの指示に従い、脚を台の上に乗せるリンリン=秋田市で

 100種類近い動物がいて、子どもから大人まで楽しめる秋田市の大森山動物園。今年は2日で営業を終え、冬の休園期間に入った。来年1月4日までの約1カ月間は完全な休園で、同5日からは週末と祝日のみ開園の「雪の動物園」が始まる。休みの間、動物や飼育員の人たちは一体何をしているのだろう。休園中の動物園を歩いた。【森口沙織】

 園の総面積は約15万平方メートル。入り口から順路に沿って歩くと、普段通りのカラフルな看板などがある一方、いつも出迎えてくれるフラミンゴやカンガルー、ライオンなどの姿は見られない。当然、見物客もゼロ。時折どこからか動物の鳴き声が響いてくる、奇妙な空間だった。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 三菱京都病院の医師が新型コロナ感染 症状出た後、患者数人診察か 外来中止

  4. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです