メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「来年もおたのもうします」芸舞妓、祇園で事始め

[PR]

「事始め」で、井上八千代さん(左手前)にあいさつに訪れる芸舞妓ら=京都市東山区で2018年12月13日午前10時13分、川平愛撮影

 京都の花街・祇園かいわいで13日、迎春準備に入る「事始め」があり、芸舞妓(げいまいこ)が芸事の師匠やなじみのお茶屋を回って、一年のお礼と新年の変わらぬお付き合いを願った。

 事始めは商家などが旧暦12月13日から、すす払いや餅つきなど正月の準備を始める風習。花街などでは弟子が師匠に鏡餅を贈るのが習わしとなっている。

 人間国宝で京舞井上流の五世家元、井上八千代さん方(京都市東山区)には祇園甲部の芸舞妓が次々と訪れ、「おめでとうさんどす。来年もおたのもうします」とあいさつ。井上さんは鏡餅が並んだひな壇の前で「お稽古(けいこ)を日々頑張って」と声をかけ、新しい扇を手渡した。【菅沼舞】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです