羽生「タイトル100期」持ち越しに 竜王戦第6局敗れる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 将棋の第31期竜王戦七番勝負第6局は12、13の両日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に81手で勝ち、3勝3敗として最終局決戦へ持ち込んだ。第7局は20、21の両日、山口県下関市で行われる。羽生が2期連続通算8期の獲得で前人未到のタイトル獲得通算100期を達成するのか、広瀬が初めて竜王を獲得して羽生が無冠になるのか、最終局に注目が集まる。

 終局後、羽生は「最終局は悔いが残らない将棋を指したい」と話し、快調に攻め切って短手数で勝利した広瀬は「注目される対局なので、可能な限り準備して最終局に臨みたい」と語った。【山村英樹】

あわせて読みたい

ニュース特集