メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 岡山県の最後の避難所閉鎖 被災者退所で

避難所から最後の避難者が退所し、段ボールベッドを解体する岡山県倉敷市の職員=岡山県倉敷市真備町地区で2018年12月13日、戸田紗友莉撮影

 今年7月の西日本豪雨で岡山県に開設されていた最後の避難所(福祉避難所1カ所を除く)が13日、被災者が全員退所し、閉鎖された。被害の大きかった広島、岡山、愛媛3県の避難所が、発生5カ月余りでほぼ解消された。

 この日朝、甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区にある福祉施設で、避難生活を送っていた会社員の児玉充さん(36)が避難所を後にした。

 児玉さんは妻(38)、長男(8)、次男(5)との4人家族。自宅は真備町地区にあり、1階天井付近まで…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです