メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

厚労省が自民党に示した妊婦加算の見直し案

 厚生労働省は13日、妊婦の外来診察時に上乗せされる「妊婦加算」の自己負担廃止の方針を固めた。早ければ年内にも加算を凍結して事実上の廃止とし、制度自体も2020年度の次の診療報酬改定で廃止の方向。妊婦加算は今年4月に新設されたが、「妊婦税だ」などと批判が高まっていた。

 妊婦加算は、医薬品による胎児への影響などに配慮の必要な妊婦の診察を医療機関が敬遠しないようにするのが狙いだが、妊婦だけ負担増となることへの不満の声が広がった。厚労省は当初、コンタ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです