メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱プラスチックごみ宣言、市民からは賛否 京都・亀岡市

宣言文を読み上げる桂川孝裕市長=京都府亀岡市の市役所で、2018年12月13日、国本ようこ撮影

 京都府亀岡市と市議会が13日、「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を行い、プラスチック製レジ袋の使用禁止を目指すと表明した。スーパーなど市内約760軒の小売店で2019年度中にレジ袋を一律有料化し、20年度までに使用を禁じる国内初の条例を施行する予定。市民からは評価と戸惑い、両面の声が聞こえた。

 亀岡市では1990年代から、市内を流れる保津川の河川敷にプラスチックごみが漂着するようになった。市は今回、条例に罰則を設けるなど厳しい姿勢で臨むことも検討している。

 市内で手芸用品販売店を経営する井尻清行さん(50)は「レジ袋禁止のデメリットは思い浮かばない。市民…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです