メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇

関空水没対策に540億円 発生後24時間での運用再開目指す

滑走路が浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後5時55分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 関西国際空港を運営する「関西エアポート」は13日、9月の台風21号による空港の一時閉鎖を受け、見直していた災害対策を公表した。護岸・防潮壁のかさ上げや電気設備の地上化、利用者への多言語対応などを盛り込んだ。同規模の災害に対しても発生後24時間での運用再開を目指し、今年度末までに緊急時の対策となる事業継続計画(BCP)も新たに策定する。

 空港施設を保有する新関西国際空港会社とともに約540億円をかけて実施する。東側の護岸は地盤沈下の影…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです