メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

重要インフラ企業の情通機器調達 情報漏えい防ぐ 政府調達で方針

 政府は、電力や鉄道など重要インフラを担う民間企業・団体が情報通信機器を調達する際、情報漏えいや機能停止の危険性を考慮するよう注意を促す方針を固めた。業界関係者らが委員を務める政府の「重要インフラ専門調査会」を来年1月に開き、来年度からの政府機関の調達方針を説明する。

ファーウェイやZTE、政府調達から事実上排除

 政府は10日、サーバーやパソコンなどの機器やシステム開発などのサービスの調達について、安全保障や機密性の観点から、価格で決める一般競争入札ではなく、総合的に評価する契約方式を採用することを各省庁で申し合わせた。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 野口が日本勢トップの2位 五輪代表内定 クライミング世界選手権複合

  4. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  5. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです