メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古、土砂投入 工事再開、政府強行 原状回復は困難に

沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立てが始まり、投入される土砂=2018年12月14日午前11時2分、本社ヘリから

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省は14日、辺野古沿岸部への埋め立て用土砂の投入を始めた。本格的な埋め立て工事の着手で、このまま進めば辺野古の海の原状回復は難しくなる。日米両政府が1996年4月に普天間飛行場の返還に合意して22年余。沖縄では2014年以降、2代続けて移設阻止を掲げる知事が誕生したが、政府が強い反対を押し切って土砂投入を強行したことで、移設計画は大きな節目を迎えた。

 72年の沖縄の本土復帰後初めて大型米軍基地建設が本格化したことに対し、9月の知事選で移設反対を訴え…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです