メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨今ことば事情

カタカナ語=近藤勝重

 IT関連の外来語に加え、和製英語や広告、宣伝用の造語なども含むカタカナ語が年々増加、今や世にあふれ返っている。旧世代の僕など、むやみにカタカナを使うのには抵抗があり、イヌではなく、犬、ネコではなく猫と書きたいし、松や梅、桜もやはり漢字がいい。漢字から受ける情感や情趣のようなものへのこだわりが強いせいだ。

 作家の片岡義男氏が「サンデー毎日」で連載中の「時代に翻弄(ほんろう)されるコトバたち」の12月16…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです