メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

広がらない中古住宅 日本の家は「使い捨て」? 街づくりと一体の活用、なぜできぬ

長い間活用されず、行政代執行で解体作業が始まった空き家。空き家は全国的に急増し、問題化している=千葉市中央区で10月、斎藤文太郎撮影

 既に建っている中古住宅を有効に使う。欧米では当たり前のことが、日本では十分に広がっていない。その一方で、新築住宅はどんどん建ち、空き家は増えて、街を荒廃の危機にさらしている。住まなくなった家は捨てられるだけの運命でいいのか。【宇田川恵】

 米国の映画やドラマを見ていると、父親がはけを握って壁のペンキを塗り替えたり、子供たちがそれを手伝ったりする場面がよく出てくる。米国では約9割の人が中古住宅に住んでおり、こまめに手入れしながら生活するのが普通だ。家族が増えて家が手狭になれば、また別の中古を探して住み替え、修繕しながら使う。

 これに対し、日本では家を自分でまめに手入れするといった習慣は乏しい。流通している中古住宅も少なく、…

この記事は有料記事です。

残り3161文字(全文3475文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです