メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 土砂投入 「やめろ」美ら海に叫び 沖縄県民ら抗議

米軍キャンプ・シュワブのゲート前でデモ行進して抗議する人たち=沖縄県名護市で2018年12月14日午前7時29分、野田武撮影

 日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から22年余。安倍政権は14日、多くの県民が守りたいと闘い続けてきた名護市辺野古の美(ちゅ)ら海を埋め立てる土砂投入に踏み切った。なぜ沖縄の声を聞こうとしないのか。なぜ沖縄の民意に向き合おうとしないのか。埋め立て予定海域近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、抗議に集まった人たちの怒りの叫びや悲憤の声が渦巻いた。【佐野格、比嘉洋】

 国道沿いのキャンプ・シュワブのゲート前には、夜明け前から抗議の座り込みの参加者が詰めかけた。約1・…

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1614文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです