メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この家に

原発事故7年9カ月/上 浪江から二本松に避難 天野茂さん(85) 亡き次男の「形見」だから /福島

古里の自宅前で「壊すなんてことはあっちゃならねえ」と語る天野茂さん=浪江町小野田で

往復120キロ手入れ続け

 東京電力福島第1原発事故から7年9カ月が過ぎた。被災地で誰も住まなくなった家屋の解体が進む中、浪江町から二本松市に避難する元建築業の天野茂さん(85)は、古里の自宅を取り壊さないと決めている。「亡き息子への思いが詰まった家だから」。もう住めないと分かっていても、往復120キロの道のりを通い、手入れを続けている。

 昨年3月末に避難指示が解除された浪江町小野田地区。約90軒あった住宅の多くが姿を消す中、「平成」が…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1222文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです