メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

能楽教室

能楽学んで文化を発信 丹波・上田さん、小中生を募集中 来年3月始動イベント /兵庫

 丹波市氷上町在住の能楽師、上田敦史さん(45)が小・中学生対象の教室「能・狂言を身につけて子供能楽師になろう!」(毎日新聞神戸支局など後援)の参加者を募集している。子どもたちは「新丹波猿楽座」の座員になって上田さんが手がけた新作狂言「ちーたんと丹波竜」に挑む。【丸井康充】

 能楽は江戸時代までは「猿楽」と呼ばれていた。丹波市を含む兵庫県と京都府にまたがる大丹波地域が能楽のルーツの一つ「丹波猿楽」を育んだ歴史と文化があるとされる。

 今回の教室は、能や狂言を通して市民や子どもたちに郷土について学び、文化の発信者になるとともに、丹波…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです