メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高峰妙子

宝塚「初代男役」歌声、再び 番組で生涯たどる 23日、地元FM局が放送 /兵庫

宝塚少女歌劇養成会第1回公演「ドンブラコ」

 1914(大正3)年の宝塚歌劇団(当時・宝塚少女歌劇養成会)初公演で主役を演じ、「初代男役」とも言われる高峰妙子(1980年に80歳で死去)の足跡をたどる特別番組が23日午後6時から、コミュニティーFM局「エフエム宝塚」(83・5メガヘルツ)で放送される。初期の宝塚歌劇で音楽を担当した安藤弘(ひろむ)(1883~1967年)との知られざる親交にも光を当て、安藤の遺族宅で見つかった録音テープに入っていた高峰の貴重な歌声も流される。【土居和弘】

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです