メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高峰妙子

宝塚「初代男役」歌声、再び 番組で生涯たどる 23日、地元FM局が放送 /兵庫

宝塚少女歌劇養成会第1回公演「ドンブラコ」

 1914(大正3)年の宝塚歌劇団(当時・宝塚少女歌劇養成会)初公演で主役を演じ、「初代男役」とも言われる高峰妙子(1980年に80歳で死去)の足跡をたどる特別番組が23日午後6時から、コミュニティーFM局「エフエム宝塚」(83・5メガヘルツ)で放送される。初期の宝塚歌劇で音楽を担当した安藤弘(ひろむ)(1883~1967年)との知られざる親交にも光を当て、安藤の遺族宅で見つかった録音テープに入っていた高峰の貴重な歌声も流される。【土居和弘】

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです