メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

「天雅」餃子 半世紀変わらない味 /奈良

看板商品の「餃子」を紹介する天雅店長の内田源信さんと妻の久美子さん=奈良県天理市川原城町の同店で、佐藤英里奈撮影

 JR天理駅の改札口近くにあるギョーザと肉まんの専門店「天雅」。看板商品の「餃子(ギョーザ)」(420円)は皮から全て手作りし、約半世紀変わらない味を提供しているという。県外からも多くの客が訪れ、売り切れて早く店を閉める日もあるほど人気だ。【佐藤英里奈】

 1962年にオープン。当初は屋台だったが、その後まもなく店を移し、現在は2代目の内田源信さん(69)が店長を務める。店内は14席あり、商品の持ち帰りもできる。

 一番人気の「餃子」は一人前7個入り。淡路島産のタマネギをたっぷり使い、キャベツやニラ、豚ひき肉を混…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文524文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです