メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

愛用バットなど80点 県ゆかり13選手の品紹介 和歌山 /和歌山

日本ハム・西川遥輝選手らが着用したユニホーム(左端)などゆかりの品が並ぶ=和歌山市本町2のわかやまスポーツ伝承館で、砂押健太撮影

 プロ野球で今年活躍した県内ゆかりの選手の品を紹介する展示が和歌山市本町2のわかやまスポーツ伝承館(フォルテワジマ3階)で開かれている。7球団の13選手が実際に試合で使用したバットやユニホームなど約80点が来場者の注目を集めている。入館無料で、来年1月10日まで。

 展示では、2年連続でパ・リーグ盗塁王とゴールデングラブ賞を獲得した日本ハム・西川遥輝選手(紀の川市…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです