連載

新生・花園へ

毎日新聞デジタルの「新生・花園へ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

新生・花園へ

和工ラグビー部/中 競技通じ人間教育 人任せの姿勢、意識改革へ /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
選手を集めて1日の練習を振り返る和歌山工の岡本尚也監督(右)=和歌山市西浜3の同校で、後藤奈緒撮影
選手を集めて1日の練習を振り返る和歌山工の岡本尚也監督(右)=和歌山市西浜3の同校で、後藤奈緒撮影

 1年前の花園は課題の残る初戦敗退だった。昨年12月の全国高校ラグビーフットボール大会1回戦で、和歌山工は郡山北工(福島)に14-22で惜敗した。自慢のFW陣を武器に県勢初の3回戦進出を目指していただけに3年生を中心にショックは大きく、試合後ぼうぜんとする姿もあった。

 下級生もまた後悔の念に駆られていた。「3年生に頼り切り、プレーに積極性を欠いてしまった--」

 当時の1、2年生は途中出場も含めて5選手が出場。当時2年生だった森本聖也選手(3年)は「試合中、自分の前に相手DFの隙間(すきま)ができたのに、声に出して伝えることができなかった」と振り返る。当時1年の辻岡優希選手(2年)も、ボールを持った先輩選手のフォローで頭がいっぱいだったといい、「自分がボールを奪いに行くことまで十分意識できていなかった」と省みた。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1027文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集