メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古処

ジャズ喫茶の名店、今月末51年の歴史に幕 来月12日、最後のジャムセッション 朝倉 /福岡

店主の牛島さん 高齢、体調優れず

 朝倉市で51年にわたってジャズ喫茶の名店として親しまれてきた「古処(こしょ)」が今月末で閉店する。来年1月12日、古処で演奏したミュージシャンが集まり、最後のジャムセッションを繰り広げる。【桑原省爾】

 古処はジャズとオーディオ好きの牛島賢明(たかあき)さん(77)が1967年、佐賀県鳥栖市役所を辞めて旧甘木市の中心市街地に開店した。店名は朝倉市北端の名峰、古処山から取った。10年後、近くに移転し30年。さらに11年前、朝倉市持丸の霊園の休憩所だった建物に移った。

 六角形の吹き抜けの店内には名機として知られる米JBL社の巨大スピーカー「パラゴン」が座す。アンプと…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです