メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

外国人受け入れ概要 大都市集中を回避/直接雇用を原則に 医療・110番、多言語化

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法の施行を来年4月に控え、政府が今月中に決定する新制度の基本方針などの概要案が、政府関係者への取材で明らかになった。人手不足の深刻な地方に配慮し、大都市圏への人材集中を避ける措置を講じるよう努めると明記。雇用はフルタイムとした上で原則として直接雇用とするが、季節で仕事量が変動する農業と漁業は派遣形態を認めるとした。

 概要案によると、新しい在留資格「特定技能」による受け入れは、政府が検討してきた14業種。施行から5…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです