メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

外国人受け入れ概要 大都市集中を回避/直接雇用を原則に 医療・110番、多言語化

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法の施行を来年4月に控え、政府が今月中に決定する新制度の基本方針などの概要案が、政府関係者への取材で明らかになった。人手不足の深刻な地方に配慮し、大都市圏への人材集中を避ける措置を講じるよう努めると明記。雇用はフルタイムとした上で原則として直接雇用とするが、季節で仕事量が変動する農業と漁業は派遣形態を認めるとした。

 概要案によると、新しい在留資格「特定技能」による受け入れは、政府が検討してきた14業種。施行から5年間の受け入れ上限も政府の国会答弁と同じで、経済情勢の変化がない限り34万5150人とした。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです