妊婦加算

「廃止」 批判高まり年内にも 厚労省方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は13日、妊婦の外来診察時に上乗せされる「妊婦加算」の自己負担廃止の方針を固めた。早ければ年内にも加算を凍結して事実上の廃止とし、制度自体も2020年度の次の診療報酬改定で廃止の方向。妊婦加算は今年4月に新設されたが、「妊婦税だ」などと批判が高まっていた。

 妊婦加算は、医薬品による胎児への影響などに配慮の必要な妊婦の診察を医療機関が敬遠しないようにするのが狙いだが、妊婦だけ負担増となることへの不満の声が広がった。厚労省は当初、コンタクトレ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集