メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インドネシア

結核・エイズ・マラリア 自力解決へ道 経済急成長、広がる実業家の支援

ダト・スリ・タヒル氏=ジャカルタで2018年11月28日午後、高木香奈撮影

 人口2億6000万人を抱える東南アジアの大国インドネシアは世界保健機関(WHO)から結核の高まん延国に指定されるなど、結核、エイズ、マラリアの3大感染症対策で課題を抱える。対策に必要な資金の多くは国際機関や海外からの支援に頼るが、急速な経済成長を背景に、事業で成功した国内の実業家や企業が保健医療や教育のために私財を投じる動きも目立ち始めた。これが感染症の改善と支援からの「卒業」につながるか、援助機関も注目する。【ジャカルタ、ランプン(スマトラ島南部)で高木香奈】

 「私はとても運が良かった。この国の一員として、得た富を他の人に分ける義務がある」。インドネシア全土…

この記事は有料記事です。

残り2338文字(全文2622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです