インドネシア

結核・エイズ・マラリア 貧困層に医療届かぬ ニラ・ムルク保健相に聞く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ニラ・ムルク・インドネシア保健相=ジャカルタで11月29日午前、高木香奈撮影
ニラ・ムルク・インドネシア保健相=ジャカルタで11月29日午前、高木香奈撮影

 インドネシアのニラ・ムルク保健相に、国内の保健医療の現状や課題を尋ねた。

 --国内の保健医療が抱える課題は。

 ◆医療を貧困層に行き渡らせるまでの国内予算が足りない。国内は多くの島からなり、地域ごとに予算分けしているものの、人口が増え、カバーするのは容易でない。

 2014年から国民皆保険制度を始め、2億人あまりが加入した。19年末までに全員の移行が実現し、貧困層の状況はある程度改善するだろう。だが教育が行き届かず、都…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

ニュース特集