メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インドネシア

結核・エイズ・マラリア 貧困層に医療届かぬ ニラ・ムルク保健相に聞く

ニラ・ムルク・インドネシア保健相=ジャカルタで11月29日午前、高木香奈撮影

 インドネシアのニラ・ムルク保健相に、国内の保健医療の現状や課題を尋ねた。

 --国内の保健医療が抱える課題は。

 ◆医療を貧困層に行き渡らせるまでの国内予算が足りない。国内は多くの島からなり、地域ごとに予算分けしているものの、人口が増え、カバーするのは容易でない。

 2014年から国民皆保険制度を始め、2億人あまりが加入した。19年末までに全員の移行が実現し、貧困層の状況はある程度改善するだろう。だが教育が行き届かず、都…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです