メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド

来春総選挙 ヒンズー至上主義、活発化 20万人デモ、対イスラム強調

インド政府に対し、ヒンズー教寺院の建設を求めるデモの参加者=ニューデリーで2018年12月9日、松井聡撮影

 【バンコク松井聡】インドでヒンズー至上主義者が活動を活発化させている。9日にはかつて破壊されたモスク(イスラム教礼拝所)の跡地にヒンズー教寺院の建設を求めるデモに20万人以上(主催者発表)が参加。背景には来春の総選挙を前に国民の関心が高い宗教問題を強調することで、モディ首相の与党でヒンズー至上主義政党の「インド人民党」(BJP)の支持拡大を図る思惑があるとみられる。

 「ラーマ(ヒンズー教の神の化身)、万歳」。9日の首都ニューデリーでのデモでは参加者がこう叫び、政府…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです