メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア

旧最大野党幹部、政界復帰可能に

 【バンコク西脇真一】カンボジアの国会は13日、フン・セン政権により昨年、解党に追い込まれた旧最大野党、救国党の幹部118人の政治活動復帰に道を開く法案を可決した。「民主主義の危機」だと厳しく政権を批判する欧米などからの圧力をかわす狙いとみられる。

 ロイター通信などによると、5年間の政治活動禁止処分を受けた一人一人が、フン・セン首相や内相に解…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです