メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

紀平梨花さん=フィギュアスケートのGPファイナルで初出場優勝した

初出場のグランプリファイナルで優勝し、大きなウサギのぬいぐるみを手に帰国=成田空港で2018年12月11日、手塚耕一郎撮影

 カナダ・バンクーバーで開かれたグランプリ(GP)シリーズ上位6人によるGPファイナルで、日本勢として2005年の浅田真央さん以来の初出場優勝を果たした。ごほうびは「大みそかにお姉ちゃんと遊びに行きたい」。あどけなさの残る笑顔が広がった。

 5歳で本格的にスケート競技を始めた。幼い頃から身体能力が高く、幼稚園で跳び箱8段を跳び、逆立ちで歩き、片手で側転ができたという。練習には陸上トレーニングやバレエ、ダンスも取り入れた。少しでも体がだるくなればケアを怠らず、整骨院に通う。スケート漬けの日々で、遊ぶ暇もない。今春、インターネットで授業に参加で…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです