メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 きょう土砂投入 国、沖縄県会談 溝埋まらず

菅義偉官房長官との会談後、記者団の質問に答える沖縄県の玉城デニー知事=首相官邸で2018年12月13日午後5時38分、川田雅浩撮影

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、辺野古の埋め立て予定海域への土砂投入を開始する方針だ。同県の玉城デニー知事は13日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、投入中止を要請した。これに対し、菅氏は「沖縄の気持ちは理解できるが、工事は進める」と明言した。海域の埋め立てが始まれば、元に戻すのは困難となり、移設問題は重大な節目を迎える。【川辺和将、前谷宏】

 玉城氏は会談で「もっと話し合いを続けていく必要がある。12日も(工事中止の)行政指導を発出した。県…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 政府、除染土11袋の流出を確認 台風19号被害の福島・田村と飯舘村

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです