囲碁

井山、タイトル通算42期 王座防衛、歴代最多タイ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛を果たし、対局を振り返る井山裕太王座=甲府市で2018年12月13日、最上聡撮影
防衛を果たし、対局を振り返る井山裕太王座=甲府市で2018年12月13日、最上聡撮影

 囲碁の第66期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第5局が13日、甲府市で打たれ、井山裕太王座(29)が挑戦者の一力遼八段(21)に186手で白番中押し勝ちし、3勝2敗でタイトルを防衛した。井山は5冠を維持した。これにより7大タイトル獲得通算42期となり、歴代1位の二十五世本因坊治勲(62)=趙治勲九段=の記録に並んだ。

 終局後、井山は「子どものころ憧れだった趙治勲先生に並べたのは不思議な気分。積み重ねの記録なので、よくできたなと思う」と語った。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集