将棋

羽生「100期」かけ、竜王戦最終局へ 山口・下関で20、21日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の第31期竜王戦七番勝負第6局は12、13の両日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に81手で勝ち、3勝3敗として最終局決戦へ持ち込んだ。

 羽生が次戦に勝って前人未到のタイトル獲得通算100期を達成するのか、広瀬が初めて竜王を奪取して羽生が27年ぶりに無冠になるのか。注目…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集