メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

定年後の継続雇用 企業のホンネ、調査 人手確保、経験の豊かさ評価

 独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」(千葉市)は、定年後の継続雇用制度の上限年齢を66歳以上に引き上げた企業へのアンケートの結果から「継続雇用、本当のところ」と題した冊子を作った。超高齢社会を背景に対象企業の大半が人手確保のほか、高齢社員の長年の経験や知識、ノウハウの活用などの点で継続雇用の延長を評価していた。

 2013年に、企業に65歳までの希望者全員の雇用を義務づけた改正高年齢者雇用安定法が施行。経過措置はあるが、多くの企業は定年の延長、廃止でなく継続雇用制度を導入し、定年退職した高齢者を65歳まで再雇用している。また政府は現在、65歳を過ぎても意欲ある高齢者が働き続けられるよう、継続雇用年齢の引き上げを検討中だ。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです